笑顔で生きる副業ブログ~株式会社セレブリックのミネルバ(Minerva) 代表は福山善幸~

株式会社セレブリック・代表福山善幸のミネルバ(Minerva)が話題沸騰中!?

アフィリエイト記事の締め方

time 2020/02/04

アフィリエイト記事の本文の締めは、実は一番難しいところです。うまく締められないとパッとした印象にはならず、キメすぎてしまうと堅苦しくなってしまいます。では、どのように締めを考えたらよいのでしょうか。

●「思います」は控える
「~だと思います」はよく使う言葉ではないでしょうか。しかし、締めの言葉としてはおすすめできません。
思いますは断定した結論ではないため、締めに使ってしまうとたるんだ印象になってしまいます。
終わりよければすべてよしといいます。締めの言葉は記事全体の印象に影響を与えるので、「思います」はなるべく使わないことが望ましいです。

●決まり文句で締める
アニメでは、登場人物が決まり文句で締めることが多くあります。いつもの決まり文句を登場人物がいうことで、最後がキリリと引き締まります。「つづく」「to be continued」などが字幕表示されると、終わったという気持ちになることもあるでしょう。
ブログの場合では「それでは、また」といった決まり文句を使っている方がいます。
このように、毎回同じ文句で締めることでブランド化していくことができると同時に、この人が書いたをわかりやすくなります。

●タイトルを繰り返して締める
記事のタイトルはその記事の内容を示すものです。締めは記事の内容をまとめるようなものです。そのため、締めの部分でタイトルを繰り返すことで、読者は記事の内容を改めて確認することができ、読後感がよくなります。
「ワイヤレスイヤホンを比較してみたレビュー&感想」というタイトルであれば、締めは「ワイヤレスイヤホンを比較してみたレビュー&感想でした」といったものになります。

●あとがきで締める
書籍のあとがき、手紙のP.Sのようなものです。記事のまとめ、結論、記事を書くにあたってのエピソードなど、あとがきを書くと記事全体にまとまりが生まれます。

●記事を書いた後の感想
記事からこんなことを感じた、書いているときこういう気持ちだったなど、感想を入れると文章を書いている人がどういった人なのか読者に伝わります。ブルグの場合は信頼感を読者に持ってもらうことがアフィリエイト商品が売れるために重要なことです。どんな人なのか読者に伝わると、信頼されやすくなります。

このように、記事の締め方はいくつかの方法があります。記事の内容にあわせたり、自分がやりやすい方法を使ってみるとよいでしょう。
記事を締めることで読後感が変わってくるので、最後の締めまで気を抜かずに記事作成をしてみましょう。

down

コメントする